4月は春の始まり。肌トラブルも始まり始まり。

63821960

陽気に誘われてお肌も活動的に!
ぽかぽか陽気が続き、気温も上がり始める4月。気候が暖かくなるにしたがって、植物や生き物たちの動きも活発になってくる季節です。人間だって同じこと。 からだの新陳代謝も高まり、お肌の細胞も生き生きと活動を始めます。新生活の始まりに重なっているせいかもしれませんが、「表情が輝いて見える」とか「顔 色がいいね」なんて言われたリしませんか?しかし喜んでばかりはいられません。

お肌が汚れをため込んでしまう!?
新陳代謝が高まるということは、お肌に汚れがたまりやすくなるということ。汗もかきやすくなるため、なおさらのことです。湿度が上昇してうるおいが戻るた め、一見お肌の状態がいいように思えますが、実はお肌にたまった汚れによって、乾燥とは違った原因でトラブルが起きやすくなるのです。とくに毛穴につまっ た汚れによって誘引されるニキビやかぶれには注意が必要です。

バリアパワーに頼れないかも…
また4月は本格的な花粉のシーズン。花粉はもちろん、黄砂やホコリなど、お肌に付着しやすい細かい物質が多く飛散します。アレルギーが出やすくなると同時 に、お肌に何となくかゆみを感じる方も最近は増えてきているといいます。顔やお肌をこする動作も増えていませんか?このようなことから4月はお肌のバリア 機能が低下する時期だといわれるのです。普段は大丈夫な方でも、敏感なお肌になっている可能性があるかもしれません。やさしく適切なケアを心がけたいもの です。

やっぱり頼れる洗顔パワー!
いずれにしても4月の肌トラブルを防ぐためにまず大切なことは、とにかく清潔に保つこと。自分に合った洗顔料を使って、お肌にたまった汚れをきちんと落と すことから始めましょう。そうした上で、ローションやクリームなどでしっかり保湿。洗顔後のお肌は乾燥しがちなので放っておかず、洗顔→保湿を心がけるこ とで春の肌トラブルを防ぎたいものです。

いよいよ始まる紫外線対策習慣!
またこの時期は、紫外線も思った以上に強くなってきています。バリア機能が低下したお肌にとっては最大の敵。紫外線には主に「UV-A」と「UV-B」の 2種類がありますが、とくに「UV-B」はお肌の表皮に急激に作用しダメージを与え、炎症を起こしたり、シミやそばかすの原因になってしまいます。 「UV-A」はお肌の弾力に大切な真皮にまで届いてダメージを与えるやっかいな存在。いずれにしても、ほんの少しでも日差しを浴びることはお肌にとって負 担となるもの。紫外線予防の日焼け止めは、欠かさずに塗る習慣を始めていきましょう。

PAGETOP