鬼(汚れ)は外~、福(うるおい)は内~

本日は節分!

厄除けとして、歳の数だけ豆を食べる習わしがありますが、年々歳の数の豆を食べきるのがつらくなってきた美香柑 開発担当の後藤です。

 

節分になると、豆まきをし、恵方巻きを食べるということを何気なくおこなってきましたが、調べてみると節分は「季節を分ける」ことを意味していて、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。

ですから、本当は春・夏・秋・冬どの季節にも節分はあることになりますが、一年の始まりは「春」。この春を迎える前に邪気を払って「福」を呼び込むための厄除け行事として、立春の前日の2月3日が節分・豆まきが伝わり、現代にいたっているようです。

 

季節の変わり目のこの時期、肌ダメージは深刻ですよね!?

カサカサ乾燥・かゆみ・肌荒れ等起こしていませんか?

「乾燥するから洗顔はしないの」という方もいらっしゃいますが、お肌の汚れを取り、美肌の準備ができていないと、化粧水や美容液をたっぷりつけても肌の奥に入りにくいのです。

だから、この時期も洗顔はとっても大切です。

「みかんの生せっけん」は、お肌に余分な汚れを取り去り、お肌に必要なうるおいは守る、しっとり・つるつるのお肌に洗い上げる洗顔石鹸。

ゴシゴシ洗わなくてもキメの細かい密着泡で汚れを吸着するので、余分なストレスを与えません!

 

季節の変わり目のこの時期の洗顔に、「みかんの生せっけん」で健やかなうるおい美肌対策をしてくださいね!

 

鬼は外~、福は内~

鬼は外~、美肌は内~

 

 

 

 

PAGETOP